So-net無料ブログ作成

自民、審議復帰を協議=国会正常化も(時事通信)

 自民党は25日午前、党本部で臨時役員連絡会を開き、22日から欠席している国会対応について協議した。民主党が小沢一郎幹事長らの国会招致に応じる可能性がなく、党内にもこれ以上の審議拒否には慎重論が強いことから、審議に復帰する方向で調整するとみられる。復帰が決まれば、国会は3日ぶりに正常化する。 

GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD(医療介護CBニュース)
弁護士が7億脱税容疑、会計士の元妻らも(読売新聞)
厚生・社保病院存続で各党要請行動−全国連絡センターなど(医療介護CBニュース)
<訃報>瀬川康男さん77歳=絵本画家「いないいないばあ」(毎日新聞)
政治とカネ集中は残念=党首討論での本格論戦に決意−鳩山首相(時事通信)

入試欠席者に合格通知、龍谷大がミス(読売新聞)

 龍谷大(京都市伏見区)は22日、1月の入試の欠席者1人に誤って合格通知書を送付したと発表した。

 欠席者の席に別の受験生が間違えて座り、その席の受験番号を解答用紙に記入したのが原因。同大学はこの受験生を合格とした。

 同大学によると、1月24日にあった社会学部の一般入試A日程で、席を間違えた受験生が、3科目とも机上の6けたの受験番号をマークシート式解答用紙に塗った。試験会場では監督の職員が手元の資料にある顔写真と受験生の顔を照合していたが、別人と気づかず、採点は解答用紙の受験番号をもとに行ったという。

 答案は合格ラインに達しており、欠席者に合格通知が届いてミスが判明。監督の職員1人を厳重注意した。

 同学部の一般入試A日程では四つの試験方式が選べ、欠席者は二つの受験方式で合格したことになっていたため、それぞれの方式で1人ずつを追加合格とした。

 同大学は「受験生や家族にご迷惑をおかけし、心からおわびする。受験票の数字を大きくするなど、照合作業がしやすいよう見直しを図る」としている。

<数学分野>研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減(毎日新聞)
「障がい者総合福祉法」の議論スタート―改革推進会議(医療介護CBニュース)
1日当たりの入院・外来患者数とも増加―病院報告・09年10月概数(医療介護CBニュース)
吉村氏が民主会派入り=参院(時事通信)
中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)

<病児保育>補助金、地域に応じた見直し検討 厚労政務官(毎日新聞)

 共働きの両親の子が発熱などで登園・登校できなくなった時に一時的に預かる「病児保育」について、厚生労働省の山井和則政務官は19日の衆院厚労委員会で、今年度に改定された事業者への補助基準が施設の赤字を拡大させたとの認識を示し「来年度は地域の状況に応じた必要な見直しを検討する」と述べた。初鹿明博議員(民主)の質問に答えた。

 病児保育施設への補助金は従来、定員ごとに固定されていたが、今年度から利用の促進を狙って利用実績に応じた変額制に改められた。しかし、感染症の流行などで需要が変わる病児保育は利用率を上げるのが難しく、約8割の施設で補助が前年度より減額されると見込まれている。

 厚労省は来年度当初予算案に補助金として約35億円を計上しており、予算案成立後に来年度の補助基準を公表する予定。【清水健二】

【関連ニュース】
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
子育て支援策:「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増
厚労省:学童保育の補助継続へ 「待機」多く方針変更
少子化対策:認可保育所の定員年5万人増へ 来年度から
学童に入れるために引っ越しを考える友人

<火災>男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警(毎日新聞)
鳩山首相 エストニア首相と会談 把瑠都関の活躍に祝意(毎日新聞)
<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決(産経新聞)
持参薬の確認「不十分」なケース、4年間で9件(医療介護CBニュース)

警部自殺は「パワハラ原因」 遺族が元上司ら提訴(産経新聞)

 平成20年12月に神奈川県警幸署の地域課長だった男性警部=当時(52)=が自殺したのは、上司のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったとして、警部の妻ら遺族が18日、県と上司2人を相手取り、計約1億2800万円の損害賠償を求め、横浜地裁に提訴した。

 訴状によると、警部は幸署の地域3課長として勤務していた19年9月ごろ、上司の警視から「おまえはだめだ」と何度も怒鳴られたり、署員の前で数時間立たされるなどしたと主張。警部は鬱(うつ)状態と診断され休職。20年12月に自宅で首をつって自殺した。

 遺族側は、医師の診断書でパワハラと自殺の因果関係が認められたことや、元上司が21年3月、監察官の立ち会いのもと遺族に謝罪した点などを指摘している。

 県警は事実関係の調査を行っている。

 県警監察官室は「訴状を見ておらず、コメントは差し控える」としている。

【関連記事】
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
英デザイナーの「自殺」、母親の死が影響か
船越英一郎の妹がうつ病自殺 ブログに綴っていた悲痛な言葉
九州管区機動隊員が自殺未遂 上司が暴行、パワハラ?
勤務医ら対象に電話相談 残業代不払い、パワハラ…相談29件

不明男性強殺容疑で5人再逮捕=住宅代支払いでトラブル−千葉県警(時事通信)
<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)
税制法案が審議入り=自公反発も本会議出席−衆院(時事通信)
「この台出る」特別背任容疑=元パチンコ店員ら逮捕−兵庫県警(時事通信)
【探訪 生物多様性 支え合ういのち】新潟県佐渡市 トキ(産経新聞)

通学路にわいせつ写真ばらまいた疑い 会社員逮捕 東京(産経新聞)

 わいせつな写真を路上にばらまいて小学生に見せたとして、警視庁小金井署はわいせつ図画公然陳列の疑いで、東京都小平市学園東町の会社員、牧岡光貴容疑者(39)を逮捕した。同署によると、牧岡容疑者は容疑を認め、「小学生が嫌がることをやりたかった」と話している。

 逮捕容疑は、9日午前8時ごろ、小金井市内の路上にわいせつな写真6枚をばらまき、近くを通りかかった小学生の女児数人に見せたとしている。

 同署によると、現場は近くの小学校に通う児童の通学路として使われていた。付近では同様の被害が複数件報告されており、同署が関連を調べている。

【関連記事】
元Jリーガー、強盗と強制わいせつの疑いで逮捕 容疑否認
「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔
「忙しくて…」下半身露出のデリヘル経営者逮捕
「もらうばかりでは…」わいせつ動画陳列容疑で男を逮捕
【私も言いたい】電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超

<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
電源コード断線で火災多発=こたつや電気あんか、突然発火−製品評価機構(時事通信)
バンクーバー五輪 「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
<検察会同>「検察として深い反省」足利事件で検事総長(毎日新聞)

勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野−総務省(時事通信)

 総務省は、国家公務員の勤務時間管理に、ICT(情報通信技術)やタイムカードなどを活用できないか、民間企業や地方自治体の先進事例を調査している。職員の勤務時間について、効率的な管理・把握方法を探るとともに、政権交代後も国会対応などで超過勤務をこなす中央官庁職員の勤務時間縮減につなげられないか検討する考えだ。
 各府省には現在、タイムカードがなく、勤務時間は出勤簿と上司の超勤命令に基づき管理している。このため、退勤時間の管理が困難なケースも多い。しかし、2010年度から月60時間以上の超勤に対する手当割増率が50%に引き上げられるため、勤務時間の管理徹底がこれまで以上に求められるようになった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
局長ら幹部に面談実施へ=人事の「事前調査」と警戒も

彫刻家、雨宮淳氏が死去(産経新聞)
次官から部長級への降格容易に=同格扱いで一致−首相と仙谷氏ら(時事通信)
中川昭一氏再評価の声 2010年カレンダー注文殺到(J-CASTニュース)
吉村参院議員が国民新入りへ=自民離党組(時事通信)
子ども手当「23年度は満額」 首相が強調(産経新聞)

<銃弾?入り封筒>東京地検に届く 小沢氏の捜査に抗議か(毎日新聞)

 東京都千代田区霞が関の東京地検にライフル弾とみられる金属が入った封筒が郵送されていたことが分かった。警視庁丸の内署によると、封筒には民主党の小沢一郎幹事長について「どうして逮捕しなかったのか。次は実弾を送るぞ」と、捜査に抗議する趣旨の手紙が同封されていた。同署は脅迫容疑で捜査している。

 同署によると、封筒は12日に東京地検の集配係が開封。ライフル弾は信管と火薬が抜いてあった。消印は10日付で都外から投函(とうかん)されていた。差出人の記載はなかった。

 昨年12月以降、小沢幹事長の事務所や自宅に銃弾のようなものが送られる事件が続いており、警視庁は関連を調べる。【町田徳丈】

【関連ニュース】
首相官邸:実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
脅迫:官邸と小沢氏に銃弾?入り封筒
作品展:封筒もバレンタイン 個性豊かな50点−−盛岡で画家、主婦ら /岩手
強盗:現金入り封筒奪う 刃物突きつけられ−−浜松・スーパー店外ATM /静岡

次期改定は「チーム医療への評価の第一歩」(医療介護CBニュース)
東大、京都、慶應に同志社 ツイッター「なりすまし」横行(J-CASTニュース)
同志社大で出題ミス(産経新聞)
<地震>大阪・高槻で震度3=午前7時34分ごろ(毎日新聞)
<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)

横手かまくら、「すそ広」スタイルも再現(読売新聞)

 秋田県横手市の公園や歩道に14日、職人や市民らが手作りした約100基の「かまくら」が並んだ。主流は、雪が解けにくいという入り口の狭い円筒形。しかし、お年寄りから「横手のかまくらじゃない」という声が上がり、昭和40年代スタイルのすそが広がった36基も再現された。

 はんてんを着た子供たちが「寄ってたんせ」「入ってたんせ」と手招きし、観光客に甘酒や餅を振る舞った。家族で訪れた横浜市港北区の主婦杉山美代子さん(44)は「想像以上に暖かい」と話していた。16日まで。市は約22万人の人出を見込む。

参院選にマイナス=石川議員の離党などで民主・平田氏(時事通信)
祖父の除雪機、巻き込まれ4歳孫死亡…秋田(読売新聞)
毎日育英会奨学生 卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
殺人の時効撤廃=刑訴法改正案、提出へ−政府(時事通信)
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)

<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)

 首都圏の毎日新聞販売所で仕事をしながら勉強に励む毎日育英会奨学生の09年度卒業祝賀会が11日、東京都千代田区の如水会館で開かれた。

 大学・専門学校などの卒業予定者と販売所関係者ら130人が出席。奨学生を数多く送り出している茨城県立波崎柳川高の武田昭彦教諭が祝辞を述べた。早稲田大3年の篠塚直樹さん(田無北部販売所)の送辞に、国学院大4年の高田光さん(溝の口販売所)が「毎日奨学生で培った経験は、今後私たちの人生において素晴らしい糧になると思います」と力強く応えた。

 毎日育英会の観堂義憲理事長(毎日新聞社副社長)が激励の言葉を述べ、朝比奈豊・毎日新聞社社長のお祝いの言葉も紹介された。

【関連ニュース】
暴行容疑:毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る
別大毎日:広瀬・大分県知事、市民マラソン化を提案
毎日・DAS高校生デザイン賞:大阪で表彰式
新聞労連ジャーナリスト大賞:毎日新聞記者らに表彰状
毎日写真コンテスト:東京で表彰式

反捕鯨団体が再び妨害=水産庁(時事通信)
<無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒(毎日新聞)
県産品PRで都内地下鉄にステッカー=熊本県〔地域〕(時事通信)
石川議員、民主離党へ=きょうにも最終判断(時事通信)
<子ども手当>親「不詳」は対象外 施設入所の2千人(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。