So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

妻と子2人殺害容疑、調理師の男逮捕…大阪(読売新聞)

 25日午後4時頃、大阪府警曽根崎署に、男が「自宅で家族を殺した」と出頭してきた。署員が大阪市淀川区十三東にある男の自宅に駆け付けたところ、室内で3人が倒れており、間もなく死亡が確認された。

 淀川署が男を殺人容疑で緊急逮捕し、詳しく事情を聞いている。

 淀川署によると、男は調理師浜田誠容疑者(42)。3人は妻の早智子さん(42)、長男優希さん(15)、長女愛香さん(12)とみられ、首に絞められたような跡があった。

 調べに対し、浜田容疑者は「24日の午前2〜3時に寝静まったところを殺した。借金で悩んでいた。一緒に死ぬつもりで手首を切ったが死にきれなかった」と話しているという。

臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」(産経新聞)
八ッ場ダム 国交相、初の住民と意見交換 (毎日新聞)
公設秘書兼職、民主は78人 首相「議論を」(産経新聞)
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審−鹿児島地裁(時事通信)
第2次補正予算が成立(医療介護CBニュース)

<火災>長屋全焼2人死亡 北海道歌志内(毎日新聞)

 28日午前0時10分ごろ、北海道歌志内市神威、無職、澤渡一久さん(75)方から出火、木造平屋建ての長屋を全焼した。焼け跡から2人の遺体が発見された。北海道警赤歌署は行方が分からなくなっている澤渡さんと妻、トキさん(85)とみて調べている。

 同署によると、長屋は旧炭鉱住宅で、6世帯が入居できるが、澤渡さん夫妻しか住んでいなかった。

 近所の女性の話では、午前0時すぎにメラメラと音がして、外に出てみると大きな炎が上がっていた。火の回りが早く、短時間で燃え落ちた。澤渡さんは目が不自由だったという。

【関連ニュース】
火災:民家全焼 焼け跡から遺体 千葉・四街道
火災:木造2階建ての旅館全焼 けが人なし 熊本県長洲町
火災:住宅2棟全焼 焼け跡から2遺体発見 横浜市瀬谷区
火災:住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮
火災:中学で授業中にボヤ 不審火か 愛知・尾張旭

<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
米運輸省、国交省に苦言=航空提携の判断に影響も−過熱する日航の争奪戦(時事通信)
経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)
鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)

経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)

 日本経団連の御手洗冨士夫会長が24日の自民党大会に欠席することが21日、分かった。経団連は同党と密接な関係にあるが、政権交代で民主党との関係構築が急務となっており、自民党内では「政権与党の民主党に遠慮したのではないか」との見方も出ている。
 経団連会長は例年、来賓として党大会に出席してあいさつしており、今回も出席する予定だった。関係者によると、経団連側から中国出張のため会長は欠席するとの連絡があったという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護
小沢氏擁護で一体=「潔白信じる」、可視化でけん制
労使の信頼関係揺るがす=定昇見直しに反論

<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
当選の稲嶺氏「まず市議会で反対決議」 普天間移設現行計画撤回へ(産経新聞)
工事の前払い金制度悪用 詐欺で2被告に実刑判決(産経新聞)
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件−埼玉県警(時事通信)
自民党大会 「敵失」生かせぬ谷垣氏 揺れる党内、抑えられず(産経新聞)

「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)

【足利再審 テープ再生(5)】

 【平成4年12月7日】

 《テープの再生は、平成4年12月7日の取り調べ分に移る。菅家さんはこの日の取り調べで、足利事件について初めて否認の言葉を口にする》

 《東京拘置所から宇都宮拘置支所に戻ってきた菅家さんに森川検事の取り調べが再び始まる。5回を終えた公判では菅家さんは自白を続けていた》

森川検事「(福島)万弥ちゃんとか、(長谷部)有美ちゃんの事件(いずれも別の女児殺害事件)ね、言われると分かるかな」

菅家さん「はい」

森川検事「うん分かるね。今裁判になっているのは(松田)真実ちゃんの事件(足利事件)ね。一昨年(平成2年)5月の事件ね。で、その前に万弥ちゃんの事件と有美ちゃんの事件があったわけだよね。で今日、僕がここに来たのはね、君の捜査が今まで『私がやりました』と調書取っているでしょ。そのことについてね、もう1回くらい聞こうかなと思ってね。本当に君がやったのかどうか、そこを聞きたい訳ね。僕は本当のことが知りたいわけね。本当に君がやったのか、もう1回確かめたくてね、来たわけ」

 「だから、今までね、こういうこと言っていた。ああいうことを言っていたということにこだわらないで、今日はもう自由な気持ちで、楽な気持ちで話してもらいたいと思っているわけね」

 「本当にやったのなら、本当にやったということで構わない。やっていないんだったら、やっていないということで構わない。どちらでもいいんだけど」

菅家さん「(沈黙の後)本当言うと」

森川検事「うん」

菅家さん「いいですか」

森川検事「いいよ」

菅家さん「やっていません」

森川検事「やっていないの?どちらも?それとも片方だけ?」

菅家さん「どちらもです」

 《菅家さんの言う「本当のところ」について問う検事に、全面否認をする菅家さん。「どちらも」との答えには、足利事件のことも含まれていた》

森川検事「どっちもやっていない」

菅家さん「はい。自分が…警察ですか、昨年ですけども、12月の確か日曜日でした。そのとき、警察の人が来まして、自分は(当時菅家さんが週末を過ごしていた)福居の和泉町ですか、あそこにいました」

森川検事「え、福居の?」

菅家さん「福居の和泉町に日曜日の朝いまして、自分が寝間着でいまして、で、玄関から入ってきまして、警察の人が、それで自分は寝間着でいました」

森川検事「うんそれで、うん」

菅家さん「警察の人が来て『今日何しに来たか分かっているな』と言われたんです」

森川検事「うん」

菅家さん「(震える声で)それで自分…分かんなかったです」

森川検事「うんそれで」

菅家さん「うーん、自分も何がなんだか分かんなくて」

森川検事「うん」

菅家さん「で、写真を、真実ちゃんですか、真実ちゃんの写真を見せられまして、何て言うんですか、(真実ちゃんがいなくなった)パチンコ屋さんの前に看板が置いてあるんです」

森川検事「看板?」

菅家さん「看板が、看板に真実ちゃんの写真ですか、張ってあったのと同じだったんですよね」

森川検事「それで?」

菅家さん「この子、パチンコ屋さんの前に張ってあった写真と同じだなと思いました」

森川検事「うん」

菅家さん「それで自分は何が何だか分からなくなって、それで警察へこれから一緒に行くからと言うんですよ。それで自分行きました」

 《当日の行動を語る菅家さん。任意同行から初日の取り調べなど当時の詳細がぽつぽつと語られる》

森川検事「うん、それで?」

菅家さん「それで、その日の夜中まで、自分はやっていない、やっていないと言いました。それでもう、夜中までやっていないって自分は言いましたから。自分自身、これ以上、10日でも20日でもやっていないと言っていますと、なんか、もしかして殴られたりけられたりするんじゃないのかと思いました。それで自分がやったと話したんです」

森川検事「うんうんうん。夜中になって?」

菅家さん「はい。そうです、それが1日すぎだと思いました」

森川検事「それで?」

菅家さん「それでその日になんていうんですか、逮捕っていうんですか、されました」

森川検事「それでどうなったわけ?」

菅家さん「それで、次の日から取り調べられたわけですけど(沈黙)」

森川検事「それで?それからどうなった?」

菅家さん「それから渡良瀬川ですね。渡良瀬川ですか、あそこに行って、河川敷に下りて行きまして。それで、あのー、何ていうんですか、真実ちゃんがここにいたんだということを教わりました」

森川検事「うん、説明したね。それで?」

菅家さん「それで…、なんだか自分でもよく分からなくて、河川敷にずっと歩いてきまして。下へ下へ降りていきまして。それで、草場ですか、去年のあのときは草とかなかったと思うですよね。それなのに、もう、その真実ちゃんですか、その子がいた場所といいますか、分からなかったんです」

森川検事「うんそれで?」

菅家さん「(沈黙の後)で、自分はその子がどこにたか分からなくて、警察からここにいたんだということを教わったわけです」

森川検事「それで?」

菅家さん「でも、お線香ですか、お線香をあげまして…(沈黙)それで警察へ帰っていったわけですけど、その前に山清ですか」

森川検事「ヤマセ?」

菅家さん「(菅家さんが当時よく訪れ、犯行当日も買い物をしたとされた)食料品の山清へ車で行って、ここで自分がコーヒー買ったり、おにぎり買ったりして、和泉町の家にいったわけです」

森川検事「うんそれで?」

菅家さん「で、そこから、あのなんていうんですか、車の中から指を出して、それで、あの、あそこですということで…」

森川検事「警察に教えたねー。はい」

菅家さん「それで戻りまして。戻って警察に行きまして、また調べですか」

森川検事「現場をね、河川敷を案内したり、君が立ち寄った場所ところを案内して連れて行ったりして、警察の調べが始まったということね。それで?」

菅家さん「それで…それから地図ですか、渡良瀬川の河川敷とか、それから、真実ちゃんがいました場所ですね。そこまでの地図を書いたりしました」

森川検事「それで?」

菅家さん「それからまた…書いて…(沈黙)書いて、その確か2枚から3枚書いたと思いますけど」

森川検事「君がね、去年の12月、捕まってずっとこれまでの取り調べのいきさつというのは僕は全部分かっている。で、現場を案内したときも、僕そばにいたかとどうか覚えている?去年の12月」

菅家さん「12月ですか。あの真美ちゃんのとき、いたと思うんですけど」

森川検事「うん、覚えている?」

菅家さん「はい、覚えていました」

【関連記事】
「手を引いて…首を絞めて…」“自白”に追い込まれる菅家さん
「一つ一つ調べられるかと怖かった」菅家さんから供述引き出す検事
「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん
「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境 
取り調べテープ再生 菅家さん気分悪くなり休廷 足利再審

4件連続のコンビニ強盗事件で男逮捕 大阪府警(産経新聞)
民主党大会 異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮(毎日新聞)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)
日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表(医療介護CBニュース)

自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」(産経新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市内で記者会見し「自分が先頭に立って議席を守り抜く」と述べ、夏の参院選島根選挙区から5選を目指し出馬することを正式表明した。党内で世代交代論が強まる中、他のベテランの公認問題に影響を与えそうだ。

 記者会見に先立ち、党島根県連は同市で選挙対策委員会を開き、全会一致で青木氏の擁立を決定した。近く党本部に青木氏の公認を申請する。谷垣禎一総裁ら党執行部は青木氏と県連の意向を尊重し、24日の党大会までに公認決定する見通しだ。

【関連記事】
自民・青木氏、参院選へ「私も努力したい」
自民、参院選挙区で公募活用…青木氏の処遇は?
青木前参院議員会長、自民支援の継続要請
首相と小沢氏を追及へ 自民、公明が方針表明
選挙の影響懸念「小沢氏、説明を」 茨城県内民主関係者に動揺

党は冷静対応を=小沢氏団体事件、検察批判に−首相(時事通信)
<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」(産経新聞)
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)

“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)

 昨年12月、大阪市此花区の路上で軽乗用車が焼け、後部座席から男女2人の遺体が見つかった事件で、大阪地検が、殺人容疑で逮捕された大阪市此花区梅香の飲食店店長、小北進容疑者(37)を嘱託殺人罪で起訴していたことが分かった。

 起訴は18日付。起訴状などによると、小北容疑者は3人での心中を計画。昨年12月28日、知人の男女から頼まれ、車内の練炭に火を付けて軽乗用車を全焼させ、2人を殺害したとしている。

 小北容疑者は、「3人で心中しようと練炭に火をつけた」などと供述。捜査関係者によると、小北容疑者の尿から睡眠薬の成分が検出され、心中をしようとしたことが裏付けられたという。

【関連記事】
室内に練炭…家族3人死亡、中2女子重体 浜松
車から2遺体 殺人容疑で37歳男を送検
「妻が重病なので天国に送った」嘱託殺人容疑で54歳夫を逮捕
自殺サイトで20代女性と心中 同じ車内の男を幇助容疑逮捕 山梨
「嫁と娘、殺した」と49歳夫が出頭

エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生−名古屋(時事通信)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
「おとうと」がクロージング作品に=ベルリン映画祭(時事通信)
<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)

新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月19日の閣議後の記者会見で、新型インフルエンザワクチンについて、輸入ワクチンの特例承認が決定したことなどから、「現時点では余る公算が大きい」と述べ、余剰分の解約に向けた交渉について検討していることを明らかにした。

 長妻厚労相は、厚労省が各都道府県を通じて調査しているワクチンの需給状況や、新型インフルエンザの流行が再燃する可能性を勘案しても、「現時点では余る公算が大きいと判断している」と述べた。その上で、「各国の対応を見ながら、メーカーと(余剰分の解約に向けた)交渉をしていくことができるか否かも含めて検討している」とした。

 特例承認は20日付で、対象となるのはノバルティスファーマ社製とグラクソ・スミスクライン(GSK)社製。同省によると、それぞれ2月3日、5日から出荷される。これにより、成人量換算で輸入ワクチン9900万回分程度が確保され、国産ワクチン(5400万回分程度)と合わせて約1億5300万回分が今年度末までに確保される見通しだ。


【関連記事】
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針
輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省

<フォーラム>アルコール・薬物依存症克服へ 都内で20日(毎日新聞)
鳩山首相 日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示(毎日新聞)
司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)

「地域の神様」「単なるお守り」=雅楽、みこの舞いも−市有地の神社・政教分離訴訟(時事通信)

 明治時代に農村の豊作祈願のため建てられた北海道砂川市の二つの神社は普段、宮司はいないが、毎年の春と秋には市内の別の神社から宮司の派遣を受け、例大祭が催されている。住民からは「単なるお守り」「神社という意識はない」との声が上がる一方、「地域の神様。大事にしたい」と話す男性もいた。
 空知太神社は春秋の祭りで、鳥居の両脇に「地神宮」と書かれたのぼりが立てられる。同神社の総代長によると、秋祭りでは近隣の農家からの米や野菜などが祭壇に供えられ、宮司によって祝詞が上げられるなど、かなりのにぎわいをみせる。
 別の神社の祭りの際には、空知太神社にもみこしが回り、雅楽が流されるほか、みこの舞いも見られるという。
 現在は町内会館が併設されている。このため、「神社という意識はない。地域の集会所」と話す男性町民がいる一方、神社に向かい手を合わせる高齢女性の姿も見受けられる。
 一方、富平神社は民家約30戸が点在する農村にある。社殿は既に老朽化しているが、最近まで別の神社の祭りの際には、みこが舞っていた。
 農業の男性(55)は「単なるお守り。先人が造ったものを辛うじて守っているだけ」と宗教性を否定したが、農業岡田圭司さん(41)は「昔からある地域の神様。大事にしたい」と話している。 

<石川議員逮捕>「考える会」政務官参加は不適当…官房長官(毎日新聞)
<万引き>千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い(毎日新聞)
将棋 王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
浅川マキさん ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
八重山毎日「台湾疎開」に=新聞労連ジャーナリスト大賞(時事通信)

間寛平さん 前立腺がんと判明 「アースマラソン」は継続(毎日新聞)

 マラソンとヨットによる世界一周「アースマラソン」に挑戦中のお笑いタレント、間寛平さん(60)が、前立腺がんにかかっていることが13日、明らかになった。ホルモン療法により、マラソンは続けるという。

【世界一周挑戦を宣言したときのニュース】間寛平が「人力世界一周」に人類初挑戦 2年かけマラソンとヨットだけ 12月に出発

 間さんは、08年12月に大阪を出発、太平洋、アメリカ大陸、大西洋、ヨーロッパを経て、昨年12月にトルコに入った。トルコで前立腺がんの早期発見の検査をして判明。12カ所の検体のうち5カ所からがん細胞が見つかったという。現地の医師らが検討した結果、注射と薬でがん細胞の活動を抑えるホルモン療法をすることになった。マラソンの継続は問題ないとしており、15日からマラソンを再開する予定。

 間さんは「ひょっとしたら死ぬんかなあと思った。でも、この病気と走ることは別もんやと聞いた。一日も早くゴールして、病気を治すように頑張って帰ります」とコメントしている。

【関連ニュース】
【写真で見る】間寛平:アースマラソン 北米大陸横断に成功 NYで「めちゃめちゃうれしい」
【森田健作知事は】寛平の北米大陸横断「偉業だよ!」と絶賛 「かっこいい団塊の世代に」とエール
【写真特集】映画「ゲゲゲの鬼太郎」で間寛平さんは子なき爺役で登場
小澤征爾さん:6月まで公演中止 食道がん治療で

横領容疑で元投資会社役員逮捕=2500万円、遊興費に−警視庁(時事通信)
第174通常国会、きょう召集=「政治とカネ」で与野党激突へ(時事通信)
違法コピーのウィンドウズ販売=中国籍IT会社員を逮捕−北海道警(時事通信)
<陸山会土地購入>水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」(毎日新聞)
寒気 九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)

<強盗殺人>神奈川県藤沢市の事件 2審も無期懲役の判決(毎日新聞)

 神奈川県藤沢市で08年10月、無職、小島治子さん(当時78歳)を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人罪などに問われた無職、黒部和彦被告(43)の控訴審判決で、東京高裁(植村立郎裁判長)は13日、無期懲役とした1審・横浜地裁判決(09年9月)を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 判決によると、黒部被告は08年10月3日、小島さん方に押し入って果物ナイフで小島さんの背中を刺して殺害、現金約9000円が入った財布などを奪った。【安高晋】

政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
小沢氏聴取焦点に…資金移動、合理的理由示せるか(読売新聞)
<火災>4階から71歳住民が飛び降り?死亡 横浜(毎日新聞)
雑記帳 不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。