So-net無料ブログ作成

「これからは社民抜きで…」民主・平田氏が社民連立離脱を覚悟、民主党内にも動揺走る (産経新聞)

 普天間問題の日米共同声明に対して、民主党では「やむを得ない。現実的な対応だ」(中堅)と支持する声が多い。民主党の平田健二参院国会対策委員長は28日午前、国会内で開かれた党参院議員総会で「これからは122人のこの会派(参院民主党系会派)だけで法案を通さなければいけない。かなり厳しい局面になるので(国会で)禁足が続く」と述べ、同僚議員らに社民党の連立離脱を覚悟するよう促した。

 ただ、民主党の一部にも「政権は末期的なんてもんじゃない。末期だ」(中堅)との反発も出ている。超党派の沖縄等米軍基地問題議員懇談会の会長で、米領グアム・テニアンへの移設を主張してきた川内博史衆院議員(民主党鹿児島県連代表)は28日午前、「辺野古の文字が入ったのは極めて残念だ。沖縄県民の心を踏みにじってしまったことを与党の一員として大変恥ずかしく思う。首相の当初の国外・県外という思いを外相と防衛相が実践しなかったのが原因だ」と語った。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は「声明は、沖縄県民として非常にショックだ」と非難した。

 一方、連立与党、国民新党の代表、亀井静香郵政改革・金融相は28日午前、国会内で記者団に、日米共同声明について「最終的には沖縄県民の協力、理解が得られなければ決着しない話で、日米間において総理がそういう努力をしているということだ。全体としては(現在)進行形の状況だと思っている」と述べ、評価する考えを示した。

 そのうえで「3党合意の中で総理が努力している。将来の県外国外に向けて」と語り、社民党が理解を示すことに期待感を示した。

【関連記事】
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
「離脱是非は30日に判断」福島党首 共同声明「辺野古」明記には「とても残念だ」
普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先
普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛
社民のごね得? 福島氏、頑なに「閣議で署名しない」 政府は譲歩…
iPadが上陸

<子宮頸がん>住民検診、効率的な「島根方式」に注目(毎日新聞)
野党が日程設定撤回を衆院議長に申し入れ 本会議開会ずれ込み(産経新聞)
兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
両陛下が日本芸術院授賞式へ 午後には茶会(産経新聞)
陸自が農道に模擬地雷、軽トラック乗り上げる(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。